歯を失う前の予防としてインビザラインで歯列矯正

人が歯を失う原因の第一位は歯周病と言われています。
では歯周病はどのようにしておこるのでしょうか。
歯周病とはブラッシングなどの手入れが不適切であったり不足することで汚れが歯に付着したままになることから始まります。
汚れが付着したままになるとそれがプラークと呼ばれるものになります。
いわゆる歯垢のことです。
この段階であると正しい方法でブラッシングをすると除去することは可能です。
そしてそれを放置しておくと歯石に変化します。
こうなると自分で落とすことはできません。
歯科で専用の機器を使用して落としてもらうことになります。

この時点ですでに歯周病という状況になっています。
歯茎に少し赤い部分があるとか、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間に隙間ができる状態です。
歯垢や歯石は細菌の巣窟です。
これを放置しておくと中に入り込んだ細菌によって歯槽骨まで侵されてしまい、歯が抜け落ちることになります。

歯が凸凹に生えていたり重なりあったり、斜めに生えていたり等、歯並びが悪いとどうしても歯磨き時に磨き残しがでてきます。
それが虫歯や歯周病の原因となるのです。
歯並びが悪いと見た目は勿論のこと、機能面でも様々な影響がでてきます。
しっかり噛めないと消化器に負担をかけることにもなり、特定の歯に負担がかかったり、バランスの悪い噛み方をしていると顎に負担をかけることになります。

そのような場合、歯列矯正をしてきれいな歯並びにすることでリスクを減らすことが可能になります。
歯列矯正は健康保険適用外の自由診療になり、高度な知識と技術が必要な治療です。
矯正歯科で専門医のもとで治療をおこないましょう。
歯列矯正の方法には大きく分けてワイヤーを使用する方法とマウスピースを使用する方法があります。
インビザラインは透明なマウスピースを使用して歯列矯正をする方法で、透明なマウスピースなので見た目も自然です。
そして最大のメリットは食事や歯磨きの時に外すことができるということでしょう。
インビザラインは一日の中で長い時間装着する必要があり、うっかりはずす時間を多くしてしまうと効果が出ないこともあるので注意が必要です。

インビザラインは歯の型どりをして、マウスピースを作成しそれを装着することで少しずつ歯の位置を動かしていきます。
定期的に動いた歯に合わせたマウスピースに変えながら目的とする位置に誘導していくという方法です。

歯列矯正をしてきれいな歯並びにすることは審美面でも機能面でも大きなメリットがあります。
虫歯や歯周病の予防にはとても大切なことです。
治療期間は、歯を動かすという治療になるので、半年から年単位の時を必要とします。
また治療費も高額なものになります。
今まで歯列矯正は装置が目立つので抵抗があるという人も多かったのですが、インビザラインの登場は抵抗のあった人にも受け入れられています。
8020運動という言葉をご存知の方も多いと思いますが、それを達成している80歳以上の高齢者の歯をみると不正咬合の人はいないようです。
いつまでも自分の歯で美味しく食事できるためには、歯並びの悪い人は歯列矯正をして歯の脱落の原因になっている歯周病や虫歯の予防が大切になってきます。