ワイヤーを使った矯正歯科でできる目立たない方法

見た目の歯並びや噛み合わせが悪い方でも矯正歯科を受けることで、見た目が綺麗な口元にすることができます。
しかし、矯正歯科と言えば口の中にワイヤーを入れるため、周りの方に矯正しているのがバレてしまう、恥ずかしいという方もいます。
それが気になるため矯正歯科を受けたくても受けられないという方もいます。
そんな方におすすめの矯正方法が裏側矯正です。

裏側矯正とは舌側矯正とも言い、本来は唇側につける矯正装置を舌側につけることで、見た目を変えずに矯正する方法です。
この方法のメリットは見えないということです。
やはり、唇側に矯正器具が付いていると目立ってしまい、人目が気になるという方は多くいます。
しかし、裏側矯正ならワイヤーなどの矯正器具が見えないので、接客仕事をしていたり、友達と話していてもバレにくくなっています。
また、他のメリットとしては唇が傷つきにくいという点もあります。
唇側にワイヤーが付いていると運動をしている時に当たってしまい、傷ができてしまう場合もありますが、舌側なら唇に触れることがないので傷つきません。

また、患者さんの心理的ストレスを軽減する効果もあります。
歯並びを良くしたくても、ワイヤーをつけている状態がコンプレックスになってしまう場合もあります。
しかし、舌側なら見た目で分からないのでコンプレックスになることもありません。
このように、裏側矯正には多くのメリットがあります。
しかし、同様にデメリットもあります。

一つ目のデメリットとしては慣れるまでは発音や食事がしづらいということです。
人は発音する時に舌を使う場合がありますが、舌側に装置を付けることで舌がうまく動かせずに発音がおかしくなってしまう場合があります。
そのため、違和感が生じやすく、人によっては慣れるまでは話しづらい場合があります。
また、唇側にワイヤーがあるより歯磨きをしにくくなるため、虫歯ケアをしっかりしなければいけないというデメリットもあります。
虫歯になるとワイヤーを外して治療をしなければいけないので、一時的に矯正治療を中断する場合もあります。
そのため、虫歯にならないよう入念に歯磨きをしなければいけません。
さらに舌側に装置を付ける場合、それらは全てオーダーメイドになります。
そのため、費用がかかるというデメリットもあります。

このように、矯正歯科でもワイヤーを使った目立たない方法はあります。
見た目が気になる方にはおすすめですが、その分、しっかり歯磨きケアをしなければいけなかったり、違和感が生じやすくなっています。
そのため、希望する場合はメリット・デメリットをしっかり考えた上で決めることをおすすめします。