歯は年齢とともに弱くなってくる部分です。
歯の病気として虫歯や歯周病にかかる可能性もあるのですが、歯茎が下がって歯が抜けてしまうこともあります。
部分的に抜けた場合はその部分だけ入れ歯にする方法がありますが、全て抜けてしまったような場合は総入れ歯にしなければなりません。
歯の治療方法としては入れ歯は比較的簡単に治療することができますがデメリットもあります。

入れ歯は基本的に取り外しができるように取り付けます。
総入れ歯も同様に金具などで引っ掛けて固定するために周りの歯に負担をかけることになり、安定感に欠けるということになりうまく咀嚼できなかったり、入れ歯の隙間に食べ物が挟まってそれが口臭の原因になってしまったり、固いものが噛めない、会話中に外れてしまうといったこともあります。
食事のたびに取り外して洗浄をするなど手間もかかってしまうことになります。

インプラント治療について

インプラント治療入れ歯は手間がかかる、固いものを噛むことができない、金具がみえるなど審美性に欠ける部分がありますが、インプラントなら入れ歯と違って歯を固定する治療方法です。
インプラントは入れ歯とは全く違う治療方法で、人工の歯を固定させるという方法です。
顎の骨を使用してそこに器具を埋め込んで骨としっかりと固定させて人工の歯を取り付けるのです。
インプラントなら噛み合わせを調整することもできるため安定感があり噛む力を取り戻すことができます。

インプラントは自然の歯に近い感覚で咀嚼も違和感なく行うことができるのです。
歯の見た目もきれいになるので審美性にも優れた治療方法で入れ歯のように会話中に外れたり、金具が見えたりすることもなく自然と話ができるようになります。
しかしインプラントも全ての歯が抜けてしまったような場合は一本ずつインプラント治療を行うのはやはり負担にもなります。

オールオン4について

このような場合はオールオン4という治療方法が適しているのです。
オールオン4は上の顎に4箇所、下の顎に4箇所器具を固定するという方法で全ての歯を取り付けるのです。
負担が少ない治療方法であり、噛み合わせを調整することもできるのでインプラントと同じように安定感があり噛む力をとり戻せます。
入れ歯では固いものを噛むことができない、見た目も良くないなど食事や会話にも影響がでます。
インプラントは固いものも噛むことができ審美性にも優れた治療方法ですが、オールオン4なら全ての歯をなくした場合に負担が少ない治療方法なのです。

あわせて読みたい記事